地域密着型特定施設入居者生活介護の介護支援専門員試験の要点 [福祉サービス分野]|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

地域密着型特定施設入居者生活介護の介護支援専門員試験の要点 [福祉サービス分野]

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

地域密着型特定施設入居者生活介護はあまり出題される事はありませんが、選択肢の一つ位は出るくらいなので要点のみ覚えましょう。


 

重要度:★☆☆


スポンサードリンク

地域密着型特定施設入居者生活介護とは? 定義・目的とサービス内容

地域密着型特定施設入居者生活介護とは、入居定員29人以下の介護専用型特定施設(地域密着型特定施設)に入居している要介護者に地域密着型特定施設サービス計画に基づいて、介護や日常生活上の世話、機能訓練などを行う施設です。



地域密着型特定施設入居者生活介護の人員基準・指定基準と事業者

生活相談員 1人以上(1人以上は常勤)
介護職員
看護職員
要介護者3人に対し常勤換算で1人以上 など
計画作成担当者 専従の介護支援専門員を1人以上
※兼務可

併設事業所に介護支援専門員がおり、適切に処遇が行う事が出来れば不要
機能訓練指導員 1人以上 ※兼務可
管理者 専従 ※兼務可



地域密着型特定施設入居者生活介護のサービス内容と援助方針

事業所の介護支援専門員が、地域密着型特定施設サービス計画を作成し、文書による同意を得て利用者に交付する。
他の居宅サービスを受けることが出来ませんが、地域の介護サービスを受けることはできます。

地域密着型特定施設入居者生活介護の介護報酬と加算・減算

1日について、要介護度別に単位が設定されており、特定施設入居者生活介護と同様に、個別機能訓練加算、医療機関連携加算、夜間看護体制加算などがあります。


地域密着型特定施設入居者生活介護のまとめ

【介護保険の各種サービスの種類と特徴の試験出題ポイントまとめ】の記事をご覧ください。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

関連記事
コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます