介護認定審査会による介護認定の二次判定とその他の役割・運営|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

介護認定審査会による介護認定の二次判定とその他の役割・運営

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

[要介護認定・要支援認定のコンピューターによる一次判定の概要]の続き。
一次判定後、どのように介護認定が決定されていくかということを学びます。


また、介護認定審査会には、そのほかにもいくつもの重要な役割があり、そこをしっかりと覚えていく必要があります。


重要度:★★★


スポンサードリンク

介護認定審査会での一次判定の修正・確定・審査・判定

介護認定審査会では、市町村職員による調査結果と主治医意見書などを比べて、間違いないかどうかなどを確認します。第2号被保険者の場合は、特定疾患に当てはまっているかを確認し、不整合があった場合は、再調査か修正を行います。



一次判定の結果が確定したのであれば、それと特記事項や主治医意見書の内容とをあわせて介護の手間にかかる審査・判定を行っていくことになります。

その判定で、要介護認定等基準時間が32分以上50分未満に相当する(要援2と要護1←注意です!と判定された人には、更に状態の維持もしくは改善の可能性にかかる審査・判定を行い、要支援2と要介護1のどちらにあてはまるのかを判定していきます。

1jihantei


つまり、要介護認定基準時間で要支援2と要介護1と判断されてしまった場合は、再度どちらに該当するのかということを充分に検討して判定して決定される、ということです。



なお、この審議会では、市町村(原則的)の他、主治医、家族、被保険者本人等の関係者の意見を聞く事が出来ます。が、介護支援専門員は含まれていません。

 

介護認定審査会の設置と 議体と委員の任命を正しく覚えよう

介護認定審査会は、市町村(都道府県と引っ掛け問題としてでやすいです)に設置されます。

また、以下の設置が認められています。
・複数の市町村による共同設置
・都道府県やその他の市町村への審査・判定業務の委託
・広域連合・一部事務組合による設置

広域連合とは?一部事務組合とはなに???

広域連合は、都道府県や市町村の壁をなくして比較的広い範囲で行政の仕事を行うもので、一部事務組合も同じようにいくつかの市町村や都道府県が一体となって、広域的に仕事をするもので、効率的にお金をかけないようにする仕組みになります。


共同設置を行う目的と利点は、効率的な事務処理を行ったり、介護認定審査会委員を確保する事であったり、近隣と公平な判定をするためだったりです。



しかし、共同設置や委託の場合は、その仕事に制限があり、認定調査や認定自体は市町村が行わなければならず、広域連合や一部事務組合は、両方とも行う事が出来ます。表にするとわかり易いです。

認定調査・認定
市町村
市町村の共同設置 /
市町村・都道府県へ委託
×
広域連合/一部事務組合

 


合議体と介護認定審査会の委員の任期と定数

介護給付費審査委員会や介護保険審査会と混同しないようにしてください!

任命する人 市町村長
委員 医療や福祉の学識経験者
特別に非常勤公務員
委員の定数 5人を標準に条例で制定
任期 2年
再任 可能
議決/議事 議決を行うには、委員の過半数の出席が必要。
議事は出席委員の過半数が必要

 

まとめ

要介護認定等基準時間を正しく把握する必要があります。

また、介護認定審査会と後に出てくる介護給付費審査委員会や介護保険審査会の内容をごっちゃに混ぜた問題が多発しているので、そこの区別は必須事項です。確実に区別してください。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

関連記事
コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます