ケアマネ試験における介護保険創設の経緯と目的についての出題頻度が高いポイント |ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

ケアマネ試験における介護保険創設の経緯と目的についての出題頻度が高いポイント 

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

ケアマネ試験で出題頻度が高いところです。


現行の老人福祉制度と老人医療を再度見つめなおして、介護保険制度のスタートをきるにあたっての原因となる事項で、新たな社会保険制度として始まった大改革ですので重要です。


介護保険が始まるにあたってのお国のねらいや介護保険の目的・特徴と、社会保障と社会保険の分類と体系を大まかに把握すると良いです。
介護単独ではなく、医療や他の法律とも相関関係などがあります。
ただ、ひとつひとつの用語の意味はちゃんと覚えておかないと、わけがわからなくなると思いますのでご注意を!


重要度:★★★


スポンサードリンク

ケアマネージャー(介護支援専門員)が覚えるべき介護保険制度の特徴と目的

利用者自身がサービスを選べない等の問題が多かった老人医療と老人福祉を再編制問題が多かった老人医療と老人福祉を再編制しました。

このことにより、単一の手続きで利用者自身の選択によって総合的に利用できるようにしたのが介護保険制度(2000年/平成12年施行)です。(ただし、必要な時は行政における措置が重要となる場合もあります(ケアマネ実務として必要なので記載しました。)

 

また、家族の負担を軽減して、高齢者介護を社会全体で支えていこう!という目的があります。(ありましたが、介護保険財政が厳しくその負担が若者にきているのが、周知の事実です^^;)

 

介護保険の特徴 ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事の醍醐味です!

ケアマネージャー(介護支援専門員)が主体となって、利用者や家族のニーズに基づいた介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、各サービス事業者などとの調整を行う介護支援サービス(ケアマネジメント)が導入されています。

これにより、市町村や医療機関とバラバラだった窓口が一本化され、総合的・一体的・効率的なサービス提供が可能となりました。



社会保険方式によって保険料の使い道が介護費用に限定されるので、保険料の負担と給付の関係が明白となりました。 (社会保険方式とは?保給付財源を主に保険料で賄うものです)



介護保険は基本(一部は応能負担)となるので、保険料負担の見返りとしてサービスを受けるので、心理的抵抗がなく権利意識が備わることになります。

(応益負担とは、所得に関係なく受けたサービスの内容に応じた金額を支払うこと応能負担とは、所得に応じて対価や保険料を支払うこと)

 

介護保険制度の目的と理念とはどのようなものか?

介護保険法第1条において、介護保険制度の目的は、要介護者が尊厳を保持し、自立した日常生活を送ることができるように、共働連帯の理念に基づいた介護保険を設け、国民の保険医療の向上および福祉の増進を図ることと規定しています。


それを踏まえたうえで、介護保険の理念を簡単にいうと要介護・要支援状態になっても迅速に介護支援を行うことで、その状態の軽減・悪化を防ぎ、在宅介護を重視して居宅における自立を支援していくというものです

老健施設や通所リハビリ(デイケア)などを利用していて、在宅在宅…とうるさく言われるのは、この理念があるからなんですね。

っていう建前ですが、入所などでは介護保険の財源圧迫などが…と結びついてきますね。 (-_-)

また、保険給付に関しては、以前の老人保健制度によるサービスも含まれるので、医療との連携に充分配慮することや、被保険者、いわゆる利用者さんの自由な選択に基づき、総合的かつ効率的にサービスが提供されるようにしていきます。

 

社会保障制度とは?社会保険の違いは?

  • 社会保険の種類は全部で5つ
  • 介護保険は主に保険料でまかなう社会保険方式
  • 介護保険は短期保険で地域保険である
  • 介護保険は介護サービスの現物給付を主に行う
  • 要介護認定・要支援認定を受けている数は、制度施行時に比べて要支援と要介護1までの軽度の方が増えている
  • 居宅サービス利用者は制度施行時の2倍以上増えている

 

ケアマネ試験的に主要箇所をまとめるとこのようになります。では、細かく解説していきましょう。ここでは社会保険の簡単な区別と内訳はこのようになっていますので、ケアマネ試験的には簡単に覚えておきましょう。

社会保障の中心的制度は社会保険、公的扶助、社会福祉の3つがあります。
上の社会保険はさらに医療保険、年金保険、雇用保険、労働災害補償保険、介護保険) の5つに分けられます。

主な社会保障の種類

  1. 社会保険:国民の生活保障、強制適応、営利性や選択制がない、財源・宮阜の一部は国庫負担、収支関係がない等の特徴がある
  2. 公的扶助:生活保護
  3. 社会福祉:老人福祉法による措置制度、高齢者福祉障害者福祉など

 

社会保険の種類

  1. 医療保険:会社員などが入る健康保険、自営業者が入る国民健康保険など医療の現物給付を行う
  2. 年金保険:障害、死亡を保険事故として年金を金銭給付
  3. 雇用保険:失業などを保険事故として再就職を促進のため行う。失業給付、育児休業給付など
  4. 労働者災害補償保険:業務上の事由によって、医療の現物給付と所得補償のための年金支給(金銭給付)

 

社会保障はその財源が主に保険料であるのを社会保険方式といい、財源が主に租税(公費)でまかなうものを社会扶助方式といいます。

わかりやすく言うと、サラリーマンとして働いているときに嫌でもかけないといけない医療保険や年金保険、もちろん介護保険なんかは社会保険方式になります。それ以外の物はだいたい社会扶助方式っていうイメージですね。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます