小規模多機能型居宅介護でケアマネ(介護支援専門員)として働くメリットとデメリット|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

小規模多機能型居宅介護でケアマネ(介護支援専門員)として働くメリットとデメリット

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

小規模多機能型居宅介護とは?
通いを中心として、泊りや訪問を組み合わせたサービスで、
2006年から導入されました。



居宅で機能訓練のほか通所、もしくは短期入所してもらい
日常生活のお世話を行うサービスで、介護保険の目玉として
注目されて施設も増えました。


スポンサードリンク


が、利点と欠点、特に問題点が浮き彫りになりました。
ご自身のご希望で就職を考えましょう。



小規模多機能型居宅介護の利用者としてのメリット

●デイサービス、ショートステイ、訪問3つを選べるので柔軟。
●利用料が定額なので、プランを組みやすい
●通い泊まり訪問も同じスタッフが行うのでなじみの関係ができる


小規模多機能型居宅介護の利用者としてのデメリット

●居宅介護支援
●訪問介護
●訪問入浴介護
●通所介護
●通所リハビリテーション
●ショートステイ

などの介護系のサービスが利用できず、ケアマネやヘルパーも使えません。

 


問題点としては、目玉として打ち出したのにたいして
利用者が少ない、介護報酬が少ない等で国の思ったように
施設自体が普及していません。

 

また、ケアマネージャーとしての受け持ち件数が少ない傾向があり、
ケアマネージャーとしての仕事は少なめです。



これをプラスと取るかマイナスと取るかは、あなた次第です。


     

【ケアマネージャーはどこで働くの?活躍の場 】も参考にどうぞ。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます