サービス担当者会議(ケアカンファレンス)という話し合う会議の場をつくる [ケアマネージャーの仕事内容]|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

サービス担当者会議(ケアカンファレンス)という話し合う会議の場をつくる [ケアマネージャーの仕事内容]

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

全記事の課題分析(アセスメント)で解決が必要だと思われ問題を絞り込み、利用する方やご家族の希望を反映させながらケアプランの原案を作成していきます。

 

その原案に盛り込まれたサービスの提供者に集まってもらって、このサービス原案について、専門職の意見や希望通りにサービスが提供できるかどうかの検討を行っていきます。


スポンサードリンク

サービス担当者会議(ケアカンファレンス)の開催は他職種合同

サービス担当者会議(ケアカンファレンス)は、基本的に
ケアマネージャーが中心になって開催されます。

 

利用者の生活課題(ニーズ)に対する共通理解の下に、
サービス提供が可能な日程等を話し合うものです。

 

この会議は、
各々のサービス・施設の担当者や利用者本人、
その家族、主治医、看護師等様々な職種の
様々な専門的な見地から意見を求めて、
作成された原案の調整を図っていきます。

サービス担当者会議(ケアカンファレンス)のとは?

サービス担当者会議(ケアカンファレンス)というと堅苦しいと
思われる方も多いかもしれませんが、そこまで硬くない場合がほとんどなので
「ケアマネージャーの仕事って難しそう・・・」
「緊張しそうで嫌だ・・・・」
なんて思わなくて良いと思います。

 

実際は、雑談や世間話を交えたりしている場合が多いので、
そこまで身構えないでも大丈夫です。ご安心を。



サービス担当者会議(ケアカンファレンス)で話し合う・検討される内容

サービス担当者会議を開催するには、もちろん目的があります。
例えば、

・生活の全体像、生活課題、家族の意向などを共通認識する

・もっとよいサービス計画にする

・医療、介護・福祉など、共通した方針にしていく

などです。

 

それぞれの機関や事業者が、実施するサービス内容だけでなく
サービス提供方法・留意点・頻度・時間数・担当者などを検討していきます。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます