ケアマネ試験の生活保護制度、ソーシャルワーク、社会資源、成年後見制度などの出題傾向と対策 [福祉サービス分野]|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

ケアマネ試験の生活保護制度、ソーシャルワーク、社会資源、成年後見制度などの出題傾向と対策 [福祉サービス分野]

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

重要度:★★☆

各サービス以外を考えると、範囲が広いですがさらっとポイントを列挙します。
【居宅サービスと介護予防サービスの勉強ポイントと解説 】を参考にしてください。

 

 

各種の介護保険サービス関連を除くと、残るは下記の項目を勉強する事になります。

面接技術
ソーシャルワーク
援助困難事例の対応
社会資源について
高齢者の虐待と対応
成年後見制度
日常生活自立支援事業
障害者福祉制度
生活保護

 

中でも生活保護法関連成年後見制度面接技術は最重要項目。
高い確率で出題されていますし、ちょっとややこしい。。。

15回の介護支援専門員試験も生活保護関連は予想通りでました。


スポンサードリンク

 

福祉サービス分野の勉強ポイントと対策!

・国際生活機能分類(ICF)の内容


・面接技術の全般的な概要と流れ


・インテーク面接の概要と流れ


・ソーシャルワークの内容
ソーシャルケースワーク(個別援助技術)
ソーシャルグループワーク(集団援助技術)の効果
コミュニティワーク(地域援助技術)の機能


・援助困難事例の対応とアプローチ


・インフォーマルな社会資源とフォーマルな社会資源の区別


・高齢者の虐待に対する発見と窓口、公表


成年後見制度
後見型・保佐類型・補助類型の対象者と後見の内容
任意後見制度の手続きと登記や選任の権限


・日常生活自立支援事業
実施主体、利用対象者、
基幹的社会福祉協議会と都道府県運営適正化委員会のしくみ
支援内容と具体的な援助


・障害者自立支援法
まずは概要、ついで給付の手続きが重要
  地域生活支援事業の事業内容
財源と利用者負担


・生活保護制度
  生活保護法の補足正の原理
  扶助の大まかな内容と給付方式
  介護扶助の範囲
  介護扶助と生活扶助の給付の区別
 

 

これからひとつひとつ、勉強ポイントを挙げていきます。
【合格できた私の勉強方法】も参考にしください。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

関連記事
コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます