気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患と肺炎のケアマネ試験対策|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患と肺炎のケアマネ試験対策

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

高齢者の肺炎など呼吸器の疾患にかかりやすいので、この項目の中でも出題頻度が高い項目です。慢性閉塞性肺疾患に肺炎は特に多く、死亡原因のひとつになっているので十分に理解しましょう。


重要度:★★★


スポンサードリンク

慢性閉塞性肺疾患の試験対策

慢性閉塞性肺疾患の主たる要因といわれているのがタバコ、喫煙ですが、高齢者の場合は異なるのでケアマネ試験では注意してください。

 

慢性気管支炎の要点

気道からの痰など分泌物が増加して慢性的に気道が閉塞します。痰を伴う持続性の咳が2年以上にわたり、冬季3ヶ月以上続く状態をいいます。

 

肺気腫の要点

肺胞壁が破壊され、肺の膨張きたす疾患です。症状としては特に労作時呼吸困難や喘鳴などがあげられます。

 

びまん性半裁気管支炎の要点

膠原病や薬剤の使用、感染症などにより細気管支炎が炎症や狭窄を起こす疾患です。
持続性の咳や痰、労作時の息切れなどが特徴で高頻度に副鼻腔炎を合併します。


上記のいずれも大量の痰、呼吸困難(特に運動した時)と言う症状が共通しており、重複して起こる場合もあります。

 


肺炎のケアマネ試験のポイント

肺炎には一般的な肺炎や院内肺炎のほか、特に高齢者に多くなる誤嚥性肺炎があります。

誤嚥性肺炎は、今が付着した飲食物の一部が気道に入り、それが肺に入って細菌が増殖した結果、引き起こされます。また、高齢者の肺炎にはしばしば以下の特徴が見られるので注意が必要です。



  • 高熱などの肺炎の典型的な症状が出ない
  • 食欲不振、倦怠感などの非特異的な症状がある
  • せん妄、傾眠傾向などの精神神経症状が目立つので間違われやすい
  • 意識障害や色などの症状の急変が多い
  • 初期症状として、呼吸するのどうか9パターンの変化が認められる

 



 

排煙で救急搬送される方が多いので、このあたりも要チェックなところです。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

タグ
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    トラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます