脳梗塞などの神経系の疾患の|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

脳梗塞などの神経系の疾患の

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

ケアマネージャーのテストでは頻繁に出題されますが、内容がすごく深いので浅いとこしか出題されていません。



疾患の主症状と対処の仕方を覚えておきましょう。

重要度:★★★


スポンサードリンク

脳卒中などの脳血管障害

脳の血管に障害が起こる病気を総称して脳血管障害、脳卒中といいます。



その発生原因によっていくつか分類されますが、大きくは虚血性と出血性に分けられます

虚血性とは血液型少なくなった状態で、血液の塊やその他の組織がつまることによって引き起こされます。出血性とは脳の血管が切れて出血することをいいます。


ケアマネージャー試験ではその発生原因や症状の違いなど問われる事はほとんどありませんが、その危険因子については軽く頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

脳血栓とは?

動脈硬化によって脳内に血栓ができて、その先の血液が少なくなって壊死を引き起こします。危険因子は高血圧や糖尿病などで、その症状は徐々に進行します。

 

脳塞栓とは?

心臓などで生じた血栓や脂肪組織が血液の流れに乗って、脳の血管を詰まらせることで起こるため、その症状は急速に引き起こされます。その危険因子は不整脈、特に心房細動などがあります。

 

脳内出血とは?

動脈硬化などによって脳の血管が破裂して出血することによって引き起こされます。その危険因子としては高血圧や糖尿病などです。

 

くも膜下出血とは?

脳の表面を走る動脈の自分にできた動脈瘤などが破れて、脳とくも膜の間に血液が広がりもう活発することによって引き起こされます。


脳血管障害は、運動麻痺や認知症、言語記憶認知などのこ高次脳機能障害を引き起こす可能性が高く、寝たきりの原因になることから早期からのリハビリテーションが重要になります。

 

 

パーキンソン病の要点


パーキンソン病の4つの主症状は安静時振戦(震え) 、筋固縮(筋の硬さ)、無動、姿勢歩行障害です。
その治療はL-ドーパなどの投薬が中心ですが、リハビリテーションによって症状の悪化を防ぐことが重要となります。



本能性振戦は、動作時や一定の姿勢保持の時に手や指に目立った震えが現れるものでげんいんがわからないものをいいます。

Β受容体遮断薬の投与が有効ですが、副作用として徐脈があるので注意が必要です。

 

 

筋萎縮性側索硬化症の要点


筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、運動神経細胞が変性・消失し、徐々に全身の骨格筋が萎縮していく原因不明の?病気です。
四肢の筋力低下による能力低下、変化障害、言語障害などが見られますが、眼球運動や機能や意識は町まで保たれます。

 

 

ピック病やクロイツフェルトヤコブ病などは認知症状を呈することがあり、その点を抑えておきましょう。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

タグ
    関連記事
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    トラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます