地域包括支援センターが中心となって行う介護予防ケアマネジメントの流れと介護予防サービス計画の作成手順とモニタリング|ケアマネージャーと介護の仕事 ~介護支援専門員の通信講座から試験・就職求人~

地域包括支援センターが中心となって行う介護予防ケアマネジメントの流れと介護予防サービス計画の作成手順とモニタリング

illust3530thumb

ケアマネ試験まで、もう半年しかありません。

まずは自分の勉強スタイルにあった教材を探すことから始めましょう。
全て無料の簡単登録でユーキャンやニチイ等の通信講座の詳しい資料が1度に届きます。だから、あなたの納得のいく教材で試験対策できるのでオススメです。

arrow32-001 無料の資料請求はこちらからできます。

パソコン請求ボタンオレンジ

予防給付と介護予防ケアマネジメントは、地域包括支援センターが一括しておこないます。

介護度1~5の利用者の増加、つまり介護保険料の増加が問題視されているので、そもそもその状態になる・なっている方の状態を浴して、介護費用を抑えたいというお国の方針がありますので、ここはドンドン重要度が増して行く項目です。

介護予防と予防給付の違いがわかっていない状態の方が多くいらっしゃいます。まずは、その違いをはっきりとさせてから勉強しましょう。それが効率の良い、忘れない勉強方法です。



重要度:★★★


スポンサードリンク

介護予防の目的とそれに対応した介護事業

A.高齢者が要支援状態・要介護状態にならないように予防する目的がある
B.高齢者は要支援状態・要介護状態になったとしても、その重症化の予防や維持・改善を目的にしています。

Aを達成するため第1号被保険者を対象とした介護予防事業が実施されます。

Bを達成するために予防給付では要支援状態の軽減や予防に介護予防サービスなどを実施します。


包括的支援事業(必ずやらなければならない必須事業)の介護予防ケアマネジメント事業では、要介護状態・要支援状態なる前から、 一貫性・継続性のある取り組みを行れます。

 

介護予防ケアマネジメント(介護予防業と予防給付の)の仕組みと流れ

介護予防ケアマネジメントの流れは、下記のようになります。

【対象】

介護予防事業は、要介護状態になるおそれの高い高齢者(二次予防事業対象者)

予防給付は、要支援1・2と判定された者を対象にする。

以上の2つ対象となっていますが、基本的な手順は全く同じです。


介護予防事業介護予防ケアマネジメントの流れ

kaigoyobou-yousien12

予防給付の介護予防ケアマネジメントの流れ

kaigoyobou-2jiyoboutaisyousya

kaigoyoboukeamanejimento

違いとしては、介護予防としては市町村が事前のアセスメントなどを行う、予防給付はサービス事業者が行うかというところくらいです。

 

介護予防ケアマネジメントに必要な関連標準書式

①利用者基本情報
②介護予防サービス支援計画書
③介護予防支援系か記録
④介護予防支援・サービス評価表


アセスメント(課題分析)でニーズを明らかにする


介護給付とは異なり、利用者基本情報のほかに介護予防事業では基本チェックリスト、予防給付では認定調査項目や主治医意見書も活用して利用者の情報を把握し、居宅を訪問して面接をします。

介護予防事業のチェックリストとは?
二次予防事業の対象者を把握するときに用いられるもので、生活機能や運動器の状態、栄養状態等の25項目から構成されています。


そして、下記の領域ごとに課題を明らかにして、間接的なところも含めて総合的な課題を見つけます。

①運動・移動
②家庭生活を含む日常生活
③社会参加・対人関係・コミニケーション
④健康管理

 

介護予防サービス計画書の作成とモニタリング・評価について


上記の総合的な課題に基づき、利用者の価値観や好みを考慮した、達成可能なものが設定されます。 もちろん、本人だけでなく、家族の支援、インフォーマルサービスなどの資源も組み入れます。



予防給付では、利用者の状況や課題に変化があるかないか、継続的にサービスの状況をモニタリングしなければなりません。


そして、少なくともサービス提供開始月の翌月から3ヶ月に1回、およびサービス評価期間が終了する月、利用者の状況に変化があったときは居宅を訪問して面接する必要があります。

これらのモニタリングの結果については少なくとも1ヶ月に1回は介護予防支援経過記録に記録しなければなりません。



それぞれの事業者は、サービス提供前に事前アセスメント行って計画を立てています。そして、実施したサービスやその支援の結果や効果について、事業所で事後アセスメントと言う形で行われます。



その結果は、地域包括支援センターに報告しなければなりません。
地域包括支援センターではいきてぇー期間後に利用者の目標達成状況等について評価します。

 

サービス担当者会議の実施と文書による交付について
介護予防サービス計画作成者が主体となって利用者家族、サービス担当者、主治医などの出席を求めて行われます。



そして、必ず利用者の本人から文書による同意を得て、その会議の記録は介護予防支援経過記録に記載し2年間保存しなければなりません。



また、予防給付では、原則として介護予防サービス計画書の新規作成し、やむをえない場合を除いて、利用者の更新認定時や変更認定時、必ず開催しなければなりません。


しかし、地域支援事業の中の介護予防事業の場合は、サービス担当者会議の開催や介護予防サービス計画書の作成は、任意となっています。

まとめ

冒頭で説明したように、重要な所です。

基本的には介護給付と同じですが、例外的なところを覚えること、ここでは介護予防と予防給付に大きな違いはないですが、モニタリングや訪問する必要があるなど、要所要所で要チェックな所があります。

fingerxu_p24_gr_nl_s平成30年のケアマネ試験の合格を目指すなら、まずは教材選びから!

今年の試験までもう半年で、もうすぐそこです。年々難易度が上がっている年に1度の試験なので、今から始めないと間に合いません

ユーキャンや東京アカデミー、ニチイなどの人気ケアマネージャー通信講座の詳しい資料がまとめて簡単・全て無料で送ってもらえるので、手元でじっくり比較して確認できるので安心です。 だから、必ず自分に合った良い講座が見つかります。

arrow32-001 お申込みは簡単!名前と住所を入力するだけのたった1分で完了します。


パソコン請求ボタンオレンジ

スポンサードリンク

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます